agaは段階に応じて対策を変える

一時的に抜け毛が増えたり、髪質が悪くなったりした状態で、医療機関に行くという人は少ないでしょう。agaは時間をかけて進行する性質があり、初期の段階では判断するのが難しいです。例えば病中病後、不規則な生活などにより、一時的に薄くなるケースがあるからです。agaを疑うべき状況は、抜け毛が長期間にわたって継続したときでしょう。洗髪後にごそっと髪が抜ける状態が半年以上も続くのであれば、高確率でagaが疑われます。agaの対策の順番はセルフケア、育毛サロン、agaクリニックという流れが一般的ですが、症状の進行が早いようであれば最初からagaクリニックに行くのもありです。agaから髪を守るためには、いかに進行を食い止めるかがカギになります。

agaと食生活は無関係ではない

DHTと呼ばれる男性ホルモンがagaを引き起こします。DHTの作用の強さは人により異なるので、症状が軽度な人であればagaに気づけないケースが少なくありません。脱毛の進行がそれほど早くなければ、食生活を変えるだけで薄毛の進行を抑えられる場合があります。食生活ではDHTの働きを抑えられませんが、食事の栄養で毛根を強化し、髪が弱るのを予防できるのです。

好ましい食生活は1日3食をバランスよく食べること、塩分・脂肪の摂りすぎに注意することです。食べすぎによって肥満や高血糖、高脂血症などを発症しているなら、これらの症状も解消していきましょう。生活習慣病はagaの進行に拍車をかける可能性があります。健康体を維持することは、髪の健康維持のためにも欠かせないわけです。

agaを仙台で治療するときには大手クリニックを使えます。大手ならではの実績と経験の豊富さが大きなメリットです。